デカフェ豆知識

デカフェコーヒーにはカフェインがどれくらい入っている?

栄養成分のデータベースといえば日本食品標準成分表というものがあります。国が刊行しているもので、お茶やコーヒーについてはカフェインの量も併記されています。

日本茶・ウーロン茶・紅茶・コーヒー・ココアの全11種類についてカフェインの量が記載されています。全部抜き出してみましょう。

▼ 可食部100gあたりのカフェイン量

玉露抽出液 160mg
煎茶抽出液 20mg
かまいり茶抽出液 10mg
番茶抽出液 10mg
ほうじ茶抽出液 20mg
玄米茶抽出液 10mg
ウーロン茶抽出液 20mg
紅茶抽出液 30mg
コーヒー抽出液 60mg
インスタントコーヒー 4000mg
ピュアココア 200mg

日本茶の充実度がなかなかのものなのですが、デカフェについては昨今のトレンドだからなのか、残念ながら記載がありません。

かまいり茶(上の表の3番目)よりデカフェの方が絶対にニーズがあるし、次期改定の時には何とかしてほしものですね。

そこで、アメリカ版食品標準成分表ともいえる、USDA Food Composition Databasesを参照してみます。

アメリカはデカフェ文化が進んでいるだけあって、デカフェのカフェイン情報が満載なのです。

しかも、エスプレッソのデカフェまで記載があります。

それでは見ていきましょう。

コーヒー抽出液

まず、デカフェではない普通のコーヒーです。Brewedとなっていてドリップなのか何なのか分からないので、そのままコーヒー抽出液と訳しておきます。

サイズ別に記載がありますので、そのまま抜き出しました。

量の目安です。

  • 1オンス…エスプレッソシングル
  • 6オンス…ドトールのMサイズ
  • 8オンス…スターバックス・タリーズのShortサイズ
コーヒー抽出液
  • 100g…40mg
  • 29.6g(1オンス)…12mg
  • 178g(6オンス)…71mg
  • 237g(8オンス)…95mg

参照)14209, Beverages, coffee, brewed, prepared with tap water

デカフェコーヒー抽出液
  • 100g…1mg
  • 29.6g(1オンス)…0mg
  • 178g(6オンス)…2mg
  • 237g(8オンス)…2mg

ほぼゼロなんですが、わずかには残っています。

100gあたりでみると97%程度のカット率です。

参照)14201, Beverages, coffee, brewed, prepared with tap water, decaffeinated

エスプレッソ抽出液

続いてエスプレッソです。

エスプレッソ抽出液
  • 100g…212mg
  • 29.6g(1オンス)…63mg

参照)14210, Beverages, coffee, brewed, espresso, restaurant-prepared

デカフェエスプレッソ抽出液
  • 100g…1mg
  • 29.6g(1オンス)…0mg

参照)14202, Beverages, coffee, brewed, espresso, restaurant-prepared, decaffeinated

100gあたりでみると99%以上のカット率になっています。

エスプレッソとドリップコーヒーとを比べて、どちらの方がカフェインが多いか少ないか、という話をたまに聞きますが、抽出の方法、使用する豆の量、飲用する量によって変わるので、あんまり意味がある議論には思えません。

もし何か言うならば、このデータを根拠とすると、ドリップコーヒー6オンスエスプレッソ1オンスが同じ程度カフェイン量なので、ドリップもエスプレッソも同じくらい、と考えるが妥当ではないでしょうか。

インスタントコーヒー

続いてインスタントコーヒーです。

インスタントコーヒー
  • 100g…3142mg
  • 2g…63mg

参照)14214, Beverages, coffee, instant, regular, powder

1杯あたりは上記では2gですが、デカフェのほうは1.8gとなっていました。このまま抜き出します。

デカフェインスタントコーヒー
  • 100g…122mg
  • 1.8g…2mg

参照)14218, Beverages, coffee, instant, decaffeinated, powder

インスタントは粉100gあたりなので数値が大きくなっていますが、1杯(2g)あたりにすると63mg、デカフェで2mgとほぼドリップやエスプレッソと同じですね。

100gあたりでみると96%程度のカット率になっています。

理由は分からないのですがインスタントのカフェインカット率は低めです。このためなのか、ヨーロッパのカフェインレスの基準が実はインスタントコーヒーの場合は少し緩めになっています。

具体的にいうと、コーヒー豆はカフェイン量が0.1%以下、インスタントコーヒーは0.3%以下です。日本の基準と異なるのと、日本では何%カットという表記が主流なので間違った説明も多く見られます。ちょっとややこしいので改めて記事を書きたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

具体的にみると、1杯あたりのカフェインの量はコーヒーの種類にもよりますが、60mg~100mg程度です。

デカフェの場合これが0mg~2mg程度になります。

このデータベースを参照する限りですが、エスプレッソのカフェインのカット率が99%と一番高くなっています。

カフェインのカット率
  • コーヒー抽出液…97%
  • エスプレッソ抽出液…99%
  • インスタントコーヒー…96%

妊娠中・授乳中にカフェインをどれくらい摂取していいものなのか、については次の記事をご参照ください。

妊娠・授乳中のカフェイン摂取量の目安は?公的機関の指針を調べてみた妊娠中や授乳中にカフェインを控えましょう、と言われますが、そもそも摂取量の指標と言うのはあるのでしょうか。 食品摂取に関する悪影響...

 

おすすめのカフェインレス


VEGESTORY
グリーン ルイボスティー

少量でもカフェインが含まれているのが気になる方には、カフェイン完全フリーな、ルイボスティーがおすすめです。

私は紅茶よりも緑茶を良く飲んでいたので、緑茶の風味に近いグリーンルイボスティーの味にはまりました。

こんな方におすすめ
  • 少しのカフェインでも摂取したくない方
  • コーヒーではなくて、紅茶や緑茶の方がお好きな方

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストなら、カフェインレスコーヒーがブラックコーヒーとカフェオレの2種類で楽しめます。

マシンの料金は0円、カプセルの送料も0円なので、純粋にカプセル代だけで楽しめます。

家にこんなマシンがあったら素敵ですよね。

こんな方におすすめ
  • 本格的なレギュラーコーヒーの味わいを楽しみたい方
  • 手軽にカフェインレスコーヒーを楽しみたい方

カフェインレスコーヒーに含まれるカフェインの量が気になる方はこちらをどうぞ。

デカフェコーヒーにはカフェインがどれくらい入っている?栄養成分のデータベースといえば日本食品標準成分表というものがあります。国が刊行しているもので、お茶やコーヒーについてはカフェインの量も併...