デカフェ豆知識

ココアにはカフェインがどれくらい入っている?コーヒー・紅茶との比較

ココアはカフェインが少ないという事実は良く知られているのではないでしょうか。

ただし、少ないとはいってもデカフェのコーヒーや紅茶よりも多く含まれますし、ミルクココアなどは砂糖がたっぷり入っていますので、妊娠中・授乳中の過剰な飲用は避けたほうが良いとは思います。

もし飲むなら、砂糖の入っていないピュアココアや純ココアがお勧めですよ。


日本食品標準成分表からカフェインの記載がある飲料を抜き出す

本題はココアにはどれくらいカフェインが含まれるか、でした。

他の飲料と比べて、多いか少ないか、少ないならどれくらい少ないのか、を調べてみました。

日本食品標準成分表があらゆる栄養成分のオフィシャルなデータベースとなりますので、こちらを参考にします。

カフェインは栄養成分ではないのですが、お茶やコーヒーとは密接な関係にありますので日本食品標準成分表の備考欄に記載してあります。

記載のある飲料をすべて抜き出してみました。

表の数値は可食部100gあたりのカフェイン量で、カッコの中は抽出条件を表しています。

※ここから先は100g=100mlとして考えます。

玉露抽出液 160mg(茶10g/60℃/60ml/2.5分)
煎茶抽出液 20mg(茶10g/90℃/430ml/1分)
かまいり茶抽出液 10mg(茶10g/90℃/430ml/1分)
番茶抽出液 10mg(茶10g/90℃/650ml/0.5分)
ほうじ茶抽出液 20mg(茶15g/90℃/650ml/0.5分)
玄米茶抽出液 10mg(茶15g/90℃/650ml/0.5分)
ウーロン茶抽出液 20mg(茶15g/90℃/650ml/0.5分)
紅茶抽出液 30mg(茶5g/熱湯/360ml/1.5分~4分)
コーヒー抽出液 60mg(コーヒー粉末10g/熱湯/150ml)
インスタントコーヒー 4000mg
ピュアココア 200mg

日本の成分表らしく、日本茶の充実度がすごいですが、デカフェの情報が全然ないのが残念です。


抽出液100mlあたりに修正

注意しなければならないのは、

  • インスタントコーヒーとピュアココア以外は抽出液
  • インスタントコーヒーとピュアココアは粉末

という点です。

インスタントコーヒーとピュアココアは数値が大きくなっていますので、抽出液100mlあたりに換算します。

メーカーのサイトを見ますと、コーヒーは2gで140ml、ココアは4gで140mlがおすすめの飲み方ということですから、こちらで計算しますと次のようになります。

インスタントコーヒー 4000mg → 57mg
ピュアココア 200mg → 6mg

まとめてグラフにしてみます。

これで答えが出ました。

ココアの1杯あたりのカフェイン量は、コーヒーの1/10、紅茶の1/5、煎茶の1/3です。

デカフェのコーヒーが100mlあたり0mg~3mg程度カフェインを含みますので、ピュアココアの6mgという数値はそれよりも少し大きいです。

しかし、普通のコーヒーの60mgやインスタントコーヒーの57mgと比べればはるかに低い数値であることが分かりますね。

ちなみに、玉露のカフェイン量が突出していますが、これは玉露の葉自体のカフェインが多いのではなく、茶葉をたくさん使用して少量で抽出する、という玉露の抽出方法の特性に由来するものです。(茶葉の違いも多少あります)

また、表やグラフでは、比較のため抽出液100mlあたりに基準を合わせていますが、玉露は1杯あたり20~30ml程度でエスプレッソ的に飲用するのが通常です。

まとめ

ココアのカフェイン量のまとめです。

商品や飲用方法によって数値はかなり変わってしまうものですが、日本食品標準成分表が元データですので、参考資料としては一番妥当なものと思います。

ココアのカフェイン量

ココアのカフェイン量は、100mlあたり6mg

比較すると、

  • コーヒー(60mg)の1/10
  • 紅茶(30mg)の1/5
  • 煎茶(20mg)の1/3

となります。

おすすめのカフェインレス


VEGESTORY
グリーン ルイボスティー

少量でもカフェインが含まれているのが気になる方には、カフェイン完全フリーな、ルイボスティーがおすすめです。

私は紅茶よりも緑茶を良く飲んでいたので、緑茶の風味に近いグリーンルイボスティーの味にはまりました。

こんな方におすすめ
  • 少しのカフェインでも摂取したくない方
  • コーヒーではなくて、紅茶や緑茶の方がお好きな方

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストなら、カフェインレスコーヒーがブラックコーヒーとカフェオレの2種類で楽しめます。

マシンの料金は0円、カプセルの送料も0円なので、純粋にカプセル代だけで楽しめます。

家にこんなマシンがあったら素敵ですよね。

こんな方におすすめ
  • 本格的なレギュラーコーヒーの味わいを楽しみたい方
  • 手軽にカフェインレスコーヒーを楽しみたい方

カフェインレスコーヒーに含まれるカフェインの量が気になる方はこちらをどうぞ。

デカフェコーヒーにはカフェインがどれくらい入っている?栄養成分のデータベースといえば日本食品標準成分表というものがあります。国が刊行しているもので、お茶やコーヒーについてはカフェインの量も併...