コーヒー

レビュー|ネスカフェゴールドブレンド カフェインレス

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスは、カフェインレスがいまのようにたくさん飲まれるずっと以前から販売され続けている商品です。

カフェインレスコーヒー市場で売上No.1だそうです。

https://nestle.jp/brand/rsc/ndc/

ネスカフェゴールドブレンド カフェインレスの商品情報

ブランド ネスカフェ ゴールドブレンド
商品名 カフェインレス
価格 税込409円
内容量 30g(15杯分)
販売者 ネスレ日本株式会社
商品特長 カフェイン97%カット
挽き豆包み製法

カフェイン97%カット

ネスレ社のカフェインレスの製法はウォータープロセスです。97%というのは一番よく見るカット率ですね。

挽き豆包み製法

インスタントコーヒーの中に、挽いたコーヒー豆を包み込んでいて、味や香りをレギュラーコーヒーに近づけようとするのが、挽き豆包み製法です。

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの良いとこどりをした設計といえますね。

カフェインレス

肝心のカフェインについては、パッケージに表示がありません。

USDAのデータベースによればインスタントコーヒーの100gあたりのカフェイン量は122mgとなっています。

よって1杯2gを使用するとすると、122×0.02=2.4mgとなります。

ほとんど意味のないくらいのカフェイン量ですが、気になる方はこちらのページもご参照ください。

妊娠・授乳中のカフェイン摂取量の目安は?公的機関の指針を調べてみた妊娠中や授乳中にカフェインを控えましょう、と言われますが、そもそも摂取量の指標と言うのはあるのでしょうか。 食品摂取に関する悪影響...

ネスカフェゴールドブレンド カフェインレスを飲んだ感想

良し悪しは別にして、ゴールドブレンドやエクセラは独特の味があると思います。これが気になる方は、マウントハーゲンのインスタントコーヒーをお勧めしますが、ゴールドブレンドも売れているだけあって、とてもおいしいと思いますよ。

ホットで熱い状態だと、わずかに舌にささるような通常のゴールドブレンドにはない味があります。しかし、わずかですしミルクやお砂糖を入れると全然気にならないでしょう。

ブラックで飲んでも、冷めてくると全然気にならないです。

おわりに

いろいろ試したくてゴールドブレンドのカフェインレスも買ってみましたが(だから30gです)、やはりマウントハーゲンの方が好きですかね。

今度、飲み比べて記事を書いてみたいと思います。

以上、ネスカフェゴールドブレンド カフェインレスのレビューでした。

おすすめのカフェインレス


VEGESTORY
グリーン ルイボスティー

少量でもカフェインが含まれているのが気になる方には、カフェイン完全フリーな、ルイボスティーがおすすめです。

私は紅茶よりも緑茶を良く飲んでいたので、緑茶の風味に近いグリーンルイボスティーの味にはまりました。

こんな方におすすめ
  • 少しのカフェインでも摂取したくない方
  • コーヒーではなくて、紅茶や緑茶の方がお好きな方

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストなら、カフェインレスコーヒーがブラックコーヒーとカフェオレの2種類で楽しめます。

マシンの料金は0円、カプセルの送料も0円なので、純粋にカプセル代だけで楽しめます。

家にこんなマシンがあったら素敵ですよね。

こんな方におすすめ
  • 本格的なレギュラーコーヒーの味わいを楽しみたい方
  • 手軽にカフェインレスコーヒーを楽しみたい方

カフェインレスコーヒーに含まれるカフェインの量が気になる方はこちらをどうぞ。

デカフェコーヒーにはカフェインがどれくらい入っている?栄養成分のデータベースといえば日本食品標準成分表というものがあります。国が刊行しているもので、お茶やコーヒーについてはカフェインの量も併...